ダイエットのときのリバウンドに激しい運動

ダイエットのときのリバウンドに激しい運動

リバウンドをしないダイエットの方法

例えば1日3回食事をしていたところを、1日2回にして3日間でも過ごせば、きっと体重は落ちると思います。しかしこのとき、体重が落ちたからといって1日3回の食事に戻すと、きっとまた3日間でも過ごせば、その落ちた体重は元通りになるでしょう。これがいわゆるリバウンドというもので、ダイエットに起こりがちなものです。どうしてこのリバウンドが起こってしまうのかというと、体重を落とそうとして一気に食事の量を減らすことによって、もちろんその時点では体重は落ちますが、このときまだ身体そのものは減らした食事の量に慣れることはできていません。そのため、胃の中が軽くなって体重が落ちているだけのことであり、体質そのものは変わっていない状態です。そしてそのまま、体重が落ちたからといって食事の量を戻すことによって、減らした食事の量に慣れようとしていた体が、慣らす必要がなくなったと認識し、また同じように食べ物を吸収して体重が元通りに戻るのです。

つまりダイエットをするにおいてリバウンドを防ぐには、体に慣れさせる時間を与えることが必要であり、それには食事量を減らすにも、少しずつ減らして時間をかけることがポイントになります。一気に食事の量を減らして大きな体重の減少を望むのではなく、少しずつ食事の量を減らしていき、その分体重が減っていくのもペースが落ちますが、リバウンドのない確実性のあるダイエットを行うには、これが1番だと思います。

話題の情報に興味をお持ちの方へ